だっすーブログ

携帯業界販売員→店長→マネージャーと8年間過ごした著者が色々書きます

携帯ショップは今後自動化していくのか【手続き自動化って本当?!?!】

携帯ショップは今後自動化していくのか【手続き自動化って本当?!?!】

 Smart, City, Circuit, Board, Technology, Connected

どうも、だっすー()です。

皆様本日もお疲れ様です^^

 

私は約8年間携帯販売代理店で勤めています。

その経験や体験をもとに書いていきます。

 

今回は携帯ショップの今後を予想してみました。

現在までも「変化」が非常に大きい業界ですが、変化について書いていきます。

 

 

 

携帯ショップは今後自動化していくのか

 

携帯ショップは今やかなり「複雑化」してきています。

以前までは、端末の販売が特にメインでしたが

フォトフレームや、様々なIOT商材を「新規回線」として販売していました。

 

昨今では、

自宅の固定インターネット、電気、固定電話、クレジットカード、QRコード決済、EC

 

など、幅広い範囲での「自宅丸ごと」を提案する場所

になりつつあります。

また、取り扱いの携帯電話もスマートフォンとなり、できる幅が広いからこそのユーザー層の悩みが増えてきました。

そんな様々な取り扱いに加え、サービスのアフターフォローまで行っているのが

「現在の携帯ショップ店員」です。

 

 

そんな携帯ショップ店員の業務を自動化していく話を聞きました。

 

 

携帯ショップの一部手続きを自動化か

 

全ての業務ではなく、登録の一部である

「機種変更」が自動化していく、と一部キャリアショップの直営店で確認できました。

 

既にテスト導入もされていました。

 

「機種変更とは」

現在のキャリアから、次のキャリアも変えず端末変更の手続きをすること。

※SoftBank→SoftBankなどのこと

 

何故なら、現存するユーザーは現在の利用状況含めて

キャリアのデータベースで確認できるからだ。

また、新規で新しく契約する場合とは別で、自社のサービスを引き継ぐので

非常に手間が省けるからです。

※支払い方法の新規設定なども決めず、注意事項も少ない

 

つまり、このどうキャリア内の変更を自動化する動きが出てきています。

 

 

 

携帯ショップ自動化はどのような機械か??

 

機械に関しては、タブレット状のものです。

(PC版もあるとのこと)

これにお客様自身がタッチして入力して登録を進めることで

「自動化」になります。

お客様が自ら操作して完結する為、操作方法が分かりやすくなければいけないという懸念点がある。

 

機械で、プランや端末などを選択して最終確認はショップ店員で行います。

登録が完了したら、そのままショップ店員が渡すという仕組みです。

 

つまり、登録システムのみの自動化の仕組みです。

 

 

携帯ショップの自動化はいつからか??

 

特に期間などは決まっていません。

一部キャリアでのテスト導入なので、そこでの問題抽出で決まっていくと思います。

 

 

自動化は店員側として便利なのか??

 

店員側としては、導入にあたり懸念点がある状況です。

お客様自身が選択することによるデメリットは

 

POINT

・操作説明をしないといけない

・プランなどの提案が上手くできない

・オススメ機種の提案がしづらい

 

といった懸念点があります。

そもそも、導入の意図の1つには「時間短縮」も含まれています。

つまり、結局操作の説明で時間がとられるなら

自分で操作した方が早い、という層も存在するからです。

 

 

 

自動化はお客様側として便利なのか??

 

全項目でもあったように、リテラシーがあるユーザーからすると

非常に時間短縮につながります。

ただ、デメリットとしては

 

POINT

・そもそもタッチパネル操作が難しい

・プランが結局聞かないと分からない

・親切でないと感じる

 

こう言ったユーザーが存在すると考えられます。

当然ながら、ショップへご来店頂くお客様はどちらかというと

リテラシーが高い方は減ってきています。

 

何故なら、ネットでの購入の方がお得な場合が多くなってきているからです。

店舗だと、頭金をとっている運営店が増えてきている為、当然賢ければそこでの手続きが多くなってきています。

 

また、営業時間も実営業店舗ではもちろん存在するので

平日仕事の人には、土日しかゆとりをもって来店できず

しかも土日は混雑しているので、あまり知識があって来店する

ユーザーメリットは減少してきてはいます。

 

例えばケータイ乗り換え.comというところでは 

9:00〜23:00まで電話が繋がり、相談をしてネット購入ができます。

 

そういうサービスを活用している人たちがいるという現状があります。

ケータイ乗り換え.comはこちら↓↓

ケータイ乗り換え.com

 

 携帯ショップ店員は全て自動化するのか??

 

正直、なかなか難しいとは感じます。

何故なら、1名1名とのコミュニケーションあっての「契約」という色が非常に強くなってきています。

 

前述したように、詳しくないから来店層の割合がどんどん上昇している傾向にあるからです。市場もどんどん変化しています。

 

5年前では考えられなかった店舗が繁忙店になっていたり、反対もあったり、、、

 

目まぐるしい変化だからこそ、携帯ショップ店員を救うために

開発されている「自動化」ですが、複雑だからこそ難しいと感じます。

また、携帯ショップ側もキャリアからの求めているものも「複雑」です。

 

この複雑な変化によりよくなる為にも

 

・システム向上

・キャリアの仕組み改変

 

ここら辺がより色濃く変化していく必要が迫られていると感じます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

この記事が少しでも役に立ったなどあればコメント頂きたいです。

また、Twitterもやっていますのでフォロー是非お願いします^^