だっすーブログ

携帯業界販売員→店長→マネージャーと8年間過ごした著者が色々書きます

【知らなかった】携帯ショップの店員が考えている5つのコト 

【知らなかった】携帯ショップの店員が考えている5つのコト 

Woman, Girls, Portrait, Beautiful, Beauty, Young, Girl

 

どうも、だっすー()です。

皆様本日もお疲れ様です^^

 

私は約8年間携帯販売代理店で勤めています。

その経験や体験をもとに書いていきます。

 

今回は携帯ショップの店員が考えているコト

という題材で書いていこうと思います。

 

先日Tweetした内容の回収でもあります。

 

 

 

携帯ショップの店員が考えている5つのコト

 

私の経験上で、実際にどんなことを常に考えて働いているのか??

 

勿論、個人毎に違う所もあるでしょうし

代理店毎によって変わる部分もあります。

 

「やった事がないと分からない」

 

という部分を赤裸々に書いていければと思い、作成しました。

 

 

①NPSを考えている

 

昨今では、非常にこの「NPS」という指標で見ています。

一昔前では「CS」という言葉でした。

 

簡単に「CS」(顧客満足度)と、「NPS」の違いについて

 

POINT

CS=満足したかどうか?

NPS=誰かに紹介したいかどうか?

 

という違いがあります。

見ての通り、NPSの方が「その先」を行ってますね。

個人の満足にとどまらず、他の人にも紹介したいかどうか??

なので、企業が目指すものとマッチしています。

 

企業が何故、顧客を気にするかは明白です。

「満足してまた来て欲しい」

「口コミで集客を増やして欲しい」

という点です。

 

この、NPSでは直にその項目を数字に出します。

特に集客を増やす、新規顧客を増やす、というものは非常に重要視されています。

(勿論リピーターも超重要)

 

 

こういった点からも、店員は常にNPSを意識して

 

・接客

・店舗清掃

 

を実施しています。

(実際には数字で個人毎で出されているという要因がでかい)

 

 

 

②営業を考えている

 

 

 

携帯ショップ店員は営業を常に考えています。

営業する部類としては

 

POINT

・スマホ新規

・スマホ機種変更

・固定インターネットサービス

・電気

・固定電話

・販売したい機種

・付属品系

・タブレット

・EC

・QRコード決済

・クレジットカード

・ウォーターサーバー

・プラン、オプション

 

 こういった様々な商材などの獲得に関してを考えています。

 

単純に、営業成果として自身に評価に返ってくるから実施している場合もありますし、店舗全体に各キャリアからランク付けされていて、

 

「営業数字が悪いと閉店」

 

なんてこともあったりするからです。

 

まあ、あとはそれぞれプレッシャーをやっぱりかけられたりします。

数字は常に把握、残数を言える状態にしておく部分もあります。

 

それだけ、数字に関して常に追われていたりします。

 

 

③コンプライアンスを考えている

 

コンプライアンスに関しても常に考えています。

個人情報を取り扱う職業である為、ミスが重大な事案に繋がってしまう事があります。

 

また、単純な「販売」だけでなく、「契約」を行います。

その場で終わり、、、

というわけではありません。

ルールを守った接客が必要視されています。

 

昨今では、総務省の覆面調査がかなり入っています。

ここでは、逸脱した案内になっていないか??

という確認です。

 

 

某キャリアでは

対象のオプションの目標値が加入率90%なんてこともあります。

(80%もある)

ついつい、グレーな案内になってしまうような「目標設定」がいけないとは思いますが、、、

 

より一層ルールを守る

逸脱しない

 

という意識が強くなってきています。

本当に年々しっかりしてきています。

ここは常に誤っていないか??違反していないか??

細かく確認して意識しています。

 

 

④クレームを考えている

 

クレームに関しては、本当にこれ1つで

「仕事が嫌になってしまった」

 

という方々を何人も見てきました。

 

 

 

かなりのハードな方だと、特に耳を貸してくれないので

炎上したら挽回は個人では厳しいです。

あくまで、会社対個人なのでそこを最大限活かし対応していきますが

 

どうしても、心に負ってしまう傷があります。

 

起こさないために

 

POINT

・誤った案内をしていないか常に確認

・待ち時間に関しての意識

・勉強で正しい知識を身につける

 

というようなことをしています。

 

結構人によっては凄く嫌なものという認識なので

ここは常に意識しています。

 

クレームに関しては別記事でもまとめています。

www.daasuu.com

 

 

 

⑤店舗メールへの指示を対応している

 

店舗のPCメールへ、代理店本部や、キャリアから連絡が入ります。

 

POINT

・この勉強ツールをやる

・このポスターの貼り出し

・この展示台の写真提出

・このデモ機整備

・PCで入力しておく

・アンケート回答

・報告業務

・棚卸し

・お客様へ電話荷電

・資格取得

 

等など、、

書ききれないほどの指示があります。

こういったメールに対しての行動を行います。

 

 

色々な取り組みが多方面から来るので、どういった指示がきているか

確認して行動しています。

 

一見、空いていそうな店員がいるな!

とか思っても、実は1時間後までが期日の作業をしている場合もかなりあります。

 

昨今では、1日接客していて終わって帰る。

なんてのはまずないです。

何かしらの作業が結構あります。

 

こういったことも常に考えています。

 

 

携帯ショップの店員が考えている5つのコトまとめ

 

いかがだったでしょうか。

こちらも、業界人なら当たり前のことであっても

 

その他から見れば、驚くことも多いと思います。

 

 

お互いの理解があって、世の中変わるのかな。

という思いから発信しました。

 

 

 

 

 

 

ちなみに転職を考えている場合は、全部無料でアドバイザーが付いてくれる20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)というものを見つけたのでリンク貼っておきます。少しでも考えている場合は相談だけでも。興味があればどうぞ。

 

 

また転職するしないに関わらず、自身の市場価値を把握しておくことは重要ですし、非常に面白いです。診断を無料でできる市場価値診断ならミイダス!のリンクを見つけたので貼っておきますので、興味があればどうぞ。 

適性検査LP

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

この記事が少しでも役に立ったなどあれば

コメントをイイネ感覚で頂きたいです!

また、Twitterもやっていますのでフォロー是非お願いします^^