だっすーブログ

携帯業界販売員→店長→マネージャーと8年間過ごした著者が色々書きます

スマホ教室が今後携帯ショップで流行る【2020年予想】

スマホ教室が今後携帯ショップで流行る【2020年予想】

 Bricks, Chairs, Classroom, Empty, Office, Room, Tables

 

どうも、だっすー()です。

皆様本日もお疲れ様です^^

 

私は約8年間携帯販売代理店で勤めています。

その経験や体験をもとに書いていきます。

 

今回は「スマホ教室」なるものが今後流行る!

という予測記事となります。

 

現在でも、携帯ショップ各社で行っているスマホ教室ですが

非常に需要が高いと感じます。

 

どういったものなのか??

など、詳しく解説できればと思います。

 

 

スマホ教室が今後携帯ショップで流行る

 

現状も各ショップで行われている「スマホ教室」これを皆さまはご存知でしょうか。

現状行われている実態や、運営している実体験も踏まえて書いていきます。

 

まずはスマホ教室とは??

というところから。

 

①スマホ教室とは??

 

スマホ教室とは、ショップ店員またはスマホアドバイザー

(※SoftBankショップの場合)

 

がお客様に対して無償(0円)でスマホの使い方も教える教室です。

 

Twitterでもこんな呟きもあります。

 

 

POINT

・電話の仕方

・メールの仕方

・LINEの仕方

・データ移行の仕方

・その他スマホの使い方

 

このような事柄を丁寧に教えていくものになります。

 

実施内容によっては、複数人で教える場合と

個別で教える場合があります。

 

※基本的には相談ベース

 

対象者は

 

POINT

・どのキャリアを使っていてもOK

・ガラケーを今使っている人もOK

 

と、特に制限を決めていません。

(場所や状況によって変わる可能性はあるが)

 

基本的には、日時を事前に予約して実施する形式です。

 

 

 

 

②各社は何故実施しているか

 

各社とも、何故実施しているのか??

ここに関しては、理由はいくつかあります。

 

POINT

・高齢者層のスマホ化が進んでいない

・各社値段を下げているがユーザー増にならない

・キャッシュバック規制後はメリットしかない

・口コミ強化での集客

 

 このような理由から教室を無料で実施しています。

 

何よりも、2019年10月からの総務省規制によるキャッシュバック制限が

ここに拍車をかけています。

 総務省の規制関連は別記事でまとめています。

www.daasuu.com

 

 

また、下記が総務省によるインターネット接続機器と

年齢別のグラフです。

 

 

f:id:daasuu135:20191221141544p:plain

引用:総務省|平成30年版 情報通信白書|インターネット利用の広がり

 

見ての通り、20代30代と、60代70代では、約2倍も差が出ています。

 

ここまで差があるとは、、、

普及もそうですが、実際にインターネットを使用できている数が圧倒的に少ないのです。

 

ここをターゲット市場に入れるためにも、各社スマホ教室という

サポート面強化に力を入れているということです。

 

 

③参加方法は??

 

さて、そのスマホ教室の参加方法ですが

基本的には「各ショップに予約の電話を入れる」

 

だけで参加可能です。

 

※実施しているいないショップがあるので確認しましょう。

 

各社ショップ検索のリンクを貼っておきます。

 

・docomo

www.nttdocomo.co.jp

 

・au

www.au.com

 

・SoftBank

www.softbank.jp

 

 

参加する時には名前などの必要情報を教えます。

電話予約に関しては、基本的には

 

「来店者本人でなくてもOK」

 

です。

※本人でないといけない場合もあります。

 

 

転職するしないに関わらず、自身の市場価値を把握しておくことは重要ですし、非常に面白いです。診断を無料でできる市場価値診断ならミイダス!のリンクを見つけたので貼っておきますので、興味があればどうぞ。 

適性検査LP

 

スマホ教室が今後流行るとどうなるか

 

現在は、私の知っている限りでは

ここまでの意図を汲んで、ショップとして全力で取り組めている所は少ないです。

 

何故なら、未だに目先の「営業数字」を追わされているというショップの現状があるからです。しかし、メリットを追求すれば営業数字にも確実につながる時代になってきているので、先んじて取り組みもかなり良いと思います。

 

 

①今後はさらに予約困難に

 

実際に講師ができる人材は限られています。

というのも、答えられる人材、教えられる人材でなければ成り立ちません。

 

現状、各キャリアの人間がアドバイザーとして専門的に入店していて

その専門スタッフのみが対応できているショップが多いです。

 

つまり、枠としては1つだけ。

 

そして、現在でも予約予約で手一杯な現状です。

つまり、今後需要が増えると対応できなくなります。

 

 

②予約は早めに、スキルも早めに

 

つまり、予約は早めに取っておいた方が良いです。

一杯になってしまう前に、今のうちに知識を先に付けておくことをオススメします。

 

高齢者だからこそ、迅速に連絡できるスキルは

「緊急時などに重要」です。

 

つまり、軽視せずにLINEなど、連絡を取れるようにしておきましょう。

 

 

また、教える側の需要も高くなります。

早めにスキルを身につけておけば、お金になるスキルが身につけられると思いますよ。

 

 

スマホ教室まとめ

 

いかがだったでしょうか。

勝手に予想はしましたが、今後更に需要が高まると思います。

 

その為にも

 

POINT

・受講者側は参加

・講師側はスキル身に付け

 

 この行動が今後の自分自身のためにつながると感じます。

 

久しぶりの携帯ショップ関連の記事です。

 

褒めてください笑

 

 

 

ちなみに転職を考えている場合は、全部無料でアドバイザーが付いてくれる20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)というものを見つけたのでリンク貼っておきます。少しでも考えている場合は相談だけでも。興味があればどうぞ。

 

 

 

 

携帯ショップ関連のまとめ記事はこちら 

www.daasuu.com

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

この記事が少しでも役に立ったなどあれば

コメントをイイネ感覚で頂きたいです!

また、Twitterもやっていますのでフォロー是非お願いします^^