だっすーブログ

携帯業界販売員→店長→マネージャーと8年間過ごした著者が色々書きます

携帯ショップの志望動機はこう書く【元面接官が公開】

携帯ショップの志望動機はこう書く【元面接官が公開】

 Office, Notes, Notepad, Entrepreneur, Hand, Secretary

 

どうも、だっすー()です。

皆様本日もお疲れ様です^^

 

私は約8年間携帯販売代理店で勤めています。

その経験や体験をもとに書いていきます。

 

私は「携帯ショップの面接官」もやってきました。

その立場からも重要である志望動機の書き方をレクチャーしますので、参考にしてみて下さい。

 

 

 

携帯ショップの志望動機はこう書く

 

①筆者の根拠

私は携帯販売に約8年間携わっていて、マネージャーとしての立場をもらっています。

業務は包括的で幅広く、「面接官」も行なっています。

その経験から、書かせてもらうのでまず間違いないと思います。

ちなみに、この書き方での志望動機は殆ど見たことはないですが、書いてあったらかなりの好印象ですね。

 

②重要なのは「接客」と「営業」を数字で

よく志望動機で多いのは

 

・接客レベルを上げたい

・お客様と密に関わりたい

・ご提案する仕事をしたい

 

などが本当に多いです。

(どこかのネットのコピペか知らないですが)

でも、本当に求めているのは

 

・接客レベルを上げて

→ファンを作って貢献したい、月5人作り、年60人

 

・お客様と密に関わり

→NPSを上げたい、店舗で40点以上になるよう貢献したい

 

・提案をする仕事がしたく

→営業数字は前職で唐揚げを月10件オススメで獲得し、店舗トップ取りました。

→こちらでも店舗トップをとりたい。

 

 

このように数字に表すことが非常に重要です。

 

③正確性も求められている

 

接客接客に頭が向きがちですが、正確性も求められてきます。

なぜなら、個人情報を取り扱うし、契約業務を主に行います。

また、1つの在庫金額が10万円になるので、リスク管理が非常に重要視されます。

 

適当な性格を持っていないか??

報告連絡相談はしっかりとできるのか??

トラブル解決ができるのか??

 

ここはしっかり見られるので、自分自身の誇れる継続できた趣味や、正確な管理業務の経験をアピールすることはかなり重要です。

 

携帯ショップの志望動機まとめ

 

大切な最強ワードは

 

・接客でファンを作りリピーターを増やしたい

 

・営業数字でナンバーワンをとりたい

 

・正確で漏れのない業務で安心を作りたい

 

・チームワークを大切に仲間とレベル向上したい

 

・クレーム対応も糧にして、自己成長につなげたい

 

・具体的な店舗名を出し、来店した時の業務に心打たれた

 

・外に出てキャッチをしたり、努力では負けなずに仕事したい

 

ここら辺が最強ワードなので、是非活用ください^^

 

20代で転職を考えている場合は、全部無料でアドバイザーが付いてくれるこちらがオススメです。少しでも考えている場合は相談だけでも。興味があればどうぞ。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

 

また転職するしないに関わらず、自身の市場価値を把握しておくことは重要ですし、非常に面白いです。診断を無料でできるリンクを見つけたので貼っておきますので、興味があればどうぞ。

市場価値診断ならミイダス!

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます^^

この記事が少しでも役に立ったなどあれば

コメントをイイネ感覚で頂きたいです!

また、Twitterもやっていますのでフォロー是非お願いします^^