だっすーブログ

携帯業界販売員→店長→マネージャーと8年間過ごした著者が色々書きます

携帯ショップの代理店と直営店の違いに関して【基本的には何も変わりません】

携帯ショップの代理店と直営店の違いに関して【基本的には何も変わりません】

 サイクロン, フォワード, ハリケーン, 嵐, 雲, 冬の嵐, 天気, 雰囲気, 力, オフ, ウェット

今回は携帯ショップの代理店と直営店についてかいていきます。

 

携帯ショップで働く皆様とお客様との認識を1つでも多く合わせる。

少しでも相手を理解してほしいと思い書きました。

 

 

 

 

 

 

携帯ショップの内情に関しては別記事でも書いています。

こちら↓↓

www.daasuu.com

 

 

①代理店とは

キー, ホーム, 家, 不動産, ビジネス, 住宅ローン, 実, ローン, 新しい, プロパティ, 家賃

各携帯電話会社のキャリアから販売やその他店頭業務を代理して別の会社が行っている状況。携帯ショップでは、実はこの形が非常に多いです。

 

約90%くらいはこの代理店です。

 

各キャリアの看板を掲げて運営をしています。

つまり某大手キャリアショップでも、「看板掲げているでしょCMにお金使うんだったら私たちによこしなさい」などと言われることが多かったですが、実際会社としてはパートナー様ではあるけど違うんです。

 

Twitterを見ても不満アカウントが多いのもこう言った背景があるのは間違いないです。

 

各キャリアとしては分業的な名目もあるでしょうが、何よりも「リスク回避」といった観点でこのような形態になっているのかと思います。

リスク回避とは個人情報を多く取り扱うから。

もし万が一情報流出とか、情報を悪用したとなったとしても「それは代理店が勝手にやったこと」と逃げることができます。(完全に関係ないは無理だろうけど)

 

実際に8年間私も代理店に勤めてきてわかりますが、危なげな案件に繋がりそうな内容の時には各通信キャリアさんは結構手のひら返してきます。

 

さっきまでは「いいですね。いいですね。」だったのが、「なんで?なんで?」とまるで自分たちは把握していないようなことを( 一一)

 

実際にそのような場合と、実績に関して競争させられて店をたたんだり、会社をたたんだのを何十としてみてきました。店舗をたたむ、会社をたたむといっても各キャリアからしたら大したことではなく、引き継ぎを他の代理店へまわすことにより、実際キャリア自身は痛手はないという構造になっています。

 

ちなみに業界では、キャリアと直接取引している代理店を

1次代理店

 

1次代理店と取引している代理店を

2次代理店

 

次は3次代理店、、などとなり、業界としてはキャリアと直接取り引きをしている1次代理店を「直営」ということもあります。

どんどん委託されれば当然ですが、収益はすくなくなります。

 

②直営店とは

Person Standing On Arrow

各通信キャリアの人間が勤務している店舗です。

基本的には都内や主要都市の一部の店舗となります。

よくテストマーケティングを実施しているところでもあります。

新機械の導入とか、施策の導入を先行して行い代理店に広げたり、新人をまずは現場研修として1年入れてから始めたり研修を担う人が現場経験を積むために入店していたりしています。

 

直接キャリアがリスクも背負うので、リスクに対してのセキュリティは非常に厳しく管理ができています。人員を厚く入れて、仕組みつくりも徹底しています。

 

しかし、私が知っている限りでは色々やらかしてしまったりしているところもあるみたいです。うーん( 一一)

 

③大きく変わることはない

ファンタジー, シュール, 神, 足, 電源, 強度, 優位性, 大規模な, 巨大な, 神秘的な, 自然の力

結局大きく変わることはないですが、違いとしては

 

働いている人間がキャリアかどうか

 

という部分くらいです。

もちろん代理店としては、このクレームはキャリアの直営店へと言いたいところですが、看板掲げている以上は対応せざるを得ない状況でしょう。

そう考えると、お客様側からの視点では「何も変わりません」在庫もほぼ変わらないし、それこそ接客対応は本人と教育次第でこれも人によるところが大きいです。

 

なので、変わるところはあまりありません。

 

<<まとめ>>

プレキシ グラス, カラフル, 詳細, 技術, 輝きます, 光, 色, ビル, 透明, 構造, フォーム

携帯ショップの代理店と直営店については基本的に何も変わりません!

また、事情を知ったところで「俺ら顧客から言わせてもらえば関係ない」と言われれば( 一一)←こんな顔になるくらいだと思います。

 

ただ、それでも知っておいてほしかったです。

業界の人は1人でも多く、現状を一般のお客様へ伝えるためにもこの記事を広めて欲しいです。

 

今携帯販売員は大きく色々な業務や色々なクレームに参ってしまっている人が多いです。1人でも多くを救いたいという想いから書きました。

 

内情を理解してくれという訳ではなく、たとえお客様と店員であっても人間と人間です。相手の気持ちを分かり合うことは非常に大切で、相手を思った発言や行動をお互いに取れればと思いました。

 

携帯ショップの内情に関しては別記事も書いています。

こちら↓↓

www.daasuu.com

 

この記事が役に立った、なんかよかった♪                                                           

色々聞いてみたい、不明点ある、力を貸してほしい    だっすーブログ                 

などなどあればコメントお待ちしております^^                                                

コメント付くと本気で喜びます^^是非お願いします!!