だっすーブログ

携帯業界販売員→店長→マネージャーと8年間過ごした著者が色々書きます

【携帯ショップ】機種切り分け方法とは?!

【携帯ショップ】機種切り分け方法とは?!

 

ぼかし, スマート フォン, チャット, 携帯電話, クローズ アップ, 女の子, 手, 保持

 

 

どうも、だっすー()です。

皆様本日もお疲れ様です^^

 

私は約8年間携帯販売代理店で勤めています。

その経験や体験をもとに書いていきます。

 

 

【携帯ショップ】機種切り分け方法とは?!

 

 

携帯販売員であれば、機種の比較は当然に求められます。ただ、答えるだけでなくわかり易くお伝え出来るか、こちらがオススメしたい機種を明確化出来るかが非常に重要です。

 

どの機種にするか??

どういう理由でどの機種にするか

 

=機種の切り分け

 

です。

 

 

①初心者向け切り分け

 

 

例)今ご利用機種と使い方は大きく変わらずオススメの機種がございます。

 

中身のOSで切り分けましょう!

非常に簡単な方法です。

現在androidご利用→android

現在iOSご利用→iOS

 

お客様にとっては使用方法に変化があまり出ないので安心できる内容です。

 

基本的にはiPhoneかそれ以外か、古典的ですが最初は使えますね。

 

 

適性検査LP

 

 ②オススメ機種に振り替える

 

例)現在お使いのものとは大きく変わりますが、こんなことができます。

 

OSで切り分けるのが初心者向けと上記で解説しました。

しかし、販売員であればそんな悠長なことは言ってられません。

その時その時に販売したい機種があるので、そこに振り替えのご提案をしなければいけません。今がiPhoneご利用でもandroidを全力でオススメする必要があります。

 

ここからが仕事の本番ですね。

 

どうすれば良いか

↓↓

 

1、機種のメリットを5個書き出す

 

オススメする機種の強いメリットをまず、5個書き出します。

例)カメラ画素が1番、持ちやすい、データ移行簡単、ケース多い、指紋認証早い

 

この時、他と比較して特に優れている点を5個に絞ります。

そして、その点に関してトークできるように準備しておきます。

この事でほかの機種と比較になった際に明確に説明ができるようになり、

比較的オススメ機種への誘導ができるようになります。

 

 

2、実際にお客様に触ってもらう

 

「百聞は一見にしかず」という言葉もある通りで、説明を聞いただけでは

わかったつもりでも理解できていないことが多い

です。お客様自身の手で触ってデモ機で体験をしてもらいましょう。

ただ、触ってみてくさい!だけでは、正直何を触ってよいかわかりません。

(私も業界で働くまでは店員に見られていながら何触ってよいか迷いました)

 

その為、事前にオススメする機能をどのように体験してもらうかのシュミレーション

をしておきましょう。

カメラの例)こちらをお手に取ってください。試しにカメラで私をとってみましょう~

 

言葉だけでなく、実際に体験経験したことは非常にお客様にもメリットとなります。

 

3、iOS、android実際両方使える機能は変わらない

 

もうその通りですね。2015年あたりまでは様々な違いがありましたがもう今では

差などほとんどありません。

その点を理解しているお客様はまだまだ多くないはずです。

iPhoneじゃなければ、、、

androidじゃなければ、、、

そこの部分の代替え案を事前に多く把握しておくことが重要です。

例)iCloudバックアップが→Googledriveがあります。 Siri→OKGoogleがあります。

 

 

 

【携帯ショップ】機種切り分け方法とは?!まとめ

 

機種切り分けに関しては、携帯販売員であれば必ず実践していきます。

最初は初心者用で構いませんが、徐々にオススメ機種に振り替える技術を身につけましょう。

 

特に「体験」に関してはクオリティを高めれば高めるほど物凄く効果があります。

 

携帯ショップ関連のまとめ記事はこちら

www.daasuu.com

 

 

 

 

 

 

頑張りましょう!